専門医コラム

2016/06/14

早期加齢黄斑変性の有病率 (長浜スタディ)

ながはま0次予防コホート事業(長浜スタディ)は、2008年〜10年におぐりクリニック長浜院のある滋賀県長浜市と京都大学が連携して行った健康診断ベースの研究です。

昨年、2015年に5年後の追跡検診(第2期健診)が終了しました。

早期加齢黄斑変性の有病率は60〜69歳で23.4%

第1期健診では加齢黄斑変性の有病率が検討されました。

その結果、60〜69歳で23.4%、70〜74歳が31.2%でした。

後期加齢黄斑変性有病率は、60〜69歳で0.5%、70〜74歳が1.0%でした。

60歳以上の長浜の方では、少なくとも4人に1人は加齢黄斑変性が生じているというのが現状です。この研究結果からも、60歳以上の方は、特に自覚がなくても年々増え続けている加齢黄斑変性について年一回程度の眼科検査をお勧めいたします。

カルシウムなどの関与

早期加齢黄斑変性の特徴的な所見として、網膜の視細胞が産生する老廃物であるドルーゼンができることが多いです(上写真、ノバルティス ファーマの医療関係者向けサイトより転載)。

特に大きなドルーゼン(ラージ・ドルーゼン)が特徴で、この原因を調べたところ、カルシウム、ARMS2遺伝子多型、クラミジア感染症の既往、年齢の4項目が関与することが発見されました。

なぜカルシウムが影響するのか?

今回、おぐりクリニック長浜院の地域での検証でしたのでご紹介させていただきましたが、滋賀県湖北地域は他にも様々な結石をお持ちの方が多いことが知られています。

眼科的には結膜結石偽落屑症候群などの患者さんが多く見られます。

カルシウムは必要以上には食物から身体には吸収されずに、排泄されます。そのため、カルシウム単体でドルーゼンになるのではなく、何らかの物質と一緒になることで身体から排除できなくなり蓄積するのではないかと考えられます。代表例が身体にとって有害な重金属です。

多くの不純物は水や食べ物から身体に侵入してくるのですが、加齢黄斑変性の予防や治療に上記の不純物を減らすためにも "蒸留水" で体内の "不純物" を洗い流すことが良い効果に繋がると考えます。

./?mnu=0211&IDX=3245

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

おぐり近視眼科・内科 名古屋院ホーム(栄、錦3丁目、地下鉄2番出口すぐ) オンライン予約・相談

おぐりクリニック 長浜院ホーム (長浜イオン西隣)オンライン予約

ページのトップへ