グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション
            
            自動的に生成された説明

ケミカルピーリングとは

薬剤の力で皮膚の角質層~表皮上層部を剥がれやすくし、肌のターンオーバー(入れ替え)を正常化・促進します。これらの作用により、肌のしみ・そばかす・くすみ・にきび・にきび跡・小じわ・はり・毛穴の開きなどを改善させていきます。

ケミカルピーリングは、皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を剥がすことによって起こりうる現象や効果を利用して行う治療のことです。この治療は主に欧米において美容目的で広く行われていましたが、近年、日本にも導入され多くの施設(エステティックサロン、医院、病院など)で行われるようになりました。しかし、それとともに腫れや炎症などの危害例の報告が多数よせられるようになりました。このような背景のなかで、日本皮膚科学会は、ケミカルピーリングを行う医師、当該関係者の教育、国民への周知が責務と判断し、安全なケミカルピーリングを行うためのガイドラインを2001年に作成し、2008年に3回目の改正が行われています。 ガイドラインには、基本的理念として「ケミカルピーリングが、皮膚科診療技術を十分に修得した皮膚科専門医ないしそれと同等の技術・知識を有する医師の十分な管理下に行われるべき行為である」と記載されています。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション自動的に生成された説明

ケミカルピーリングは、皮膚をはがすことで生じる効果を利用した治療法です。その深さをケミカルピーリングガイドラインでは4段階に分けています(資料1、2)。厚く剥がすことで、例えば前癌病変などの病変を除去することが可能です。また、薄く剥がすこと(角層除去)により、皮膚のいろいろな再生機構が働き、新しい皮膚の再生が期待できます。

にきび

 にきびは、皮脂が毛穴に貯留することでにきびのもと(角栓)が形成されることから始まります。炎症が生じますと、赤く痛みを持ったにきびや膿をもったにきびとなります。浅い深さのピーリングにより毛穴を閉塞させている角質や面皰は排出され、つまった毛穴は開通されますので、にきびは改善され、また、にきびのできにくい皮膚の状態になります。また膿をもった炎症性にきびの場合にも、浅いケミカルピーリングにより排膿が促され治癒が促進されます。

しみ

 ケミカルピーリングにより表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進され、表皮内に貯留していたメラニン色素が上行して角質とともに脱落し、また、表面に固着していた角質も均等に剥離されるため、くすみも改善されます。用いる薬品によっては、薬品が直接メラニン色素に働きかけ、しみを薄くすることも言われています。しかし、これらの変化は、顕微鏡レベルでは証明されていますが、実際に肉眼で確認することができるためには、根気よく治療を続け、また治療中の遮光などの努力が必要です。

資料 1  ケミカルピーリングの剥離深度による分類

剥離深達レベル

剥離深度による分類名称

組織学的剥離の深さ

1

最浅層ピーリング

角層

2

浅層ピーリング

表皮顆粒層から基底層の間

3

中間(深)層ピーリング

表皮と真皮乳頭層の一部から全部

4

深層ピーリング

表皮と真皮乳頭層および網状層に及ぶ深さ

ターンオーバーとは

ケミカルピーリングの仕組み

ターンオーバーが崩れることで、肌トラブルが発生します
皮膚の角質層~表皮上層部の汚れをやさしく取り除きます
肌の入れ替えを促進し、肌トラブルを改善します

肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組みを「ターンオーバー」といいます。
肌(皮膚)は、表皮(ひょうひ)、真皮(しんぴ)、皮下組織(ひかそしき)の3つが重なってできていますが、ターンオーバーは肌の一番外側にある「表皮」で起こっています。

さらに表皮は、肌の外側から順に、角層(かくそう)、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層(きていそう)という4つの層に分けられます。このうち、表皮の一番内側にある基底層で細胞が生まれ、少しずつ形を変えながら肌の外側に向かって押し上げられます。角層まで到達した細胞がやがて垢や老廃物となり剥がれ落ちます。この繰り返しをターンオーバーと呼びます。健康な肌の場合、ターンオーバーは約4週間で起こると言われています。この周期が早かったり、遅かったりすると、乾燥やくすみ、毛穴の開き、ニキビ等の原因となります。また、ターンオーバーは20代をピークに年齢を重ねる毎に遅くなります。

ダイアグラム

            中程度の精度で自動的に生成された説明

WHAT サリチル酸マクロゴールとは

お肌の弱い方でも安心のピーリング

サリチル酸マクロゴールピーリングは、ケミカルピーリングの一種です。サリチル酸をマクロゴールという基材で溶解することにより、皮膚深部への酸の浸透と中毒の危険性を防ぐことができるピーリング剤です。

酸が角質層のみに反応するため角質層以外の細胞を傷つけず、安全性の高いケミカルピーリング治療ができるため、施術後皮膚が赤くなったり、皮がぽろぽろ剥けるといった肌のトラブルがほとんどありません。

グリコール酸、乳酸などのピーリング剤と比べて皮脂に近い性質を持っているため、皮脂が多く集まる毛穴などのトラブル(角栓やにきびなど)の治療に多く使われます。サリチル酸による美白効果、刺激が伝わることで真皮のコラーゲン産生を高める効果もあります。

上田説子先生開発のサリチル酸マクロゴールピーリング製剤(SaM)に類似した製剤を同一であるかのように取り扱いされているという苦情が各地で出ておりますが、当施設では日本皮膚科学会におけるケミカルピーリングガイドラインのサリチル酸マクロゴールピーリング製剤(SaM)を使用しております。

RECOMMEND こんな症状におすすめ!ケミカルピーリングの効果

・肌のしみやそばかすが気になる
・ニキビ・ニキビ跡、肌荒れが治らない
・肌の色ムラやくすみ、色素沈着を改善したい
・ハリや弾力を取り戻し小じわなどを無くしたい
・毛穴の開きや黒ずみが気になる

肌のくすみや小じわなど、肌トラブルの原因の多くはターンオーバーの乱れです。ケミカルピーリングは肌のターンオーバーを整え、シミやくすみの改善へと導く治療法です。

また、ピーリングによって古い角質や毛穴の角栓を除去。毛穴の開きや黒ずみの改善効果も期待できるため、鼻の黒ずみやいちご鼻が気になる方にもおすすめです。

その他、ケミカルピーリングはニキビの原因である肌の炎症を抑えるはたらきがあり、ニキビの改善に高い効果が期待できます。

MORE ケミカルピーリングとおすすめの併用治療

「イオン導入(エレクトロポレーション)」

ケミカルピーリングは、効果を上げるために、イオン導入(エレクトロポレーション)との併用がおすすめです。

イオン導入(エレクトロポレーション)とは、肌に有効成分を添付し、その上から専用の機器を使って肌に微弱な電流を流すことによって、美容有効成分を肌のより奥深くに浸透させる施術です。

ケミカルピーリング後は、古い角質が取り除かれ、美容成分が吸収されやすい状態になっています。そのため、イオン導入による美容成分が肌の深部にまで浸透しやすくなり、相乗効果が期待できます。

ダイアグラム

            自動的に生成された説明

イオン導入の仕組み

DIFFERENCE

市販されているピーリングとの違い

ケミカルピーリングと市販のピーリング剤の違いは、薬剤の濃度です。ケミカルピーリングは市販のピーリング剤と比較して濃度が高く、より高い効果が期待できます。

市販されているピーリング剤は3つのタイプに分類されます。

  • ・石鹸タイプ: ピーリング初心者にも使いやすく、効果も緩やか。
  • ・美容液タイプ: デイリー使いが可能で、敏感肌でも使用できるものが多い。
  • ・洗い流すタイプ: ピーリング効果は高いがその分刺激が強いものが多い。

それぞれ効果やお肌への負担は異なるため、自分の肌の状態や肌質に合ったものを選ばなければなりません。
一方、ケミカルピーリングは肌質に合わせて薬剤の種類・濃度を調整可能なため、市販のピーリング剤より肌への負担を抑えた施術を受けられます。

PRICE

ケミカルピーリングの料金表


通常(水素吸入30分付)

当院での施術一か月以内(30%off)

3回券(期限5カ月)

ケミカルピーリング

9,000円(税込9,900円)

6,300円(税込6,930円

一回当たり 5,900円

FLOW

施術の流れ

机の上のノートパソコンを見ている女性

            中程度の精度で自動的に生成された説明

STEP01

カウンセリング予約

下記ボタン、またはお電話からカウンセリング日時をご予約ください。

・お電話でのご予約は 0749-65-2377 (受付時間 AM10:00~PM17:30)

・WEBからのご予約は

女性, 座る, ペア, 切る が含まれている画像

            自動的に生成された説明

STEP02

ご来院・受付

ご来院いただきましたら、受付のスタッフにお名前をお伝えください。
受付が済みましたら、問診表をお渡しいたします。
(記入がすみましたら、受付までご返却下さい)
問診表には施術を受ける上で、重要な項目(体調や体質についてのご質問など)がございますので、なるべく詳しく、お間違いが無いように記載いただきますようお願い申し上げます。

白いシャツを着ている男性

            自動的に生成された説明

STEP03

ドクターカウンセリング

専門のドクターがカウンセリングいたします。あなたのお悩みやご希望を、できるだけ詳しく具体的にお聞かせ下さい。
ご希望される施術方法とお客さまの体質・体形・生活環境、症例写真やシミュレーションを元に、あなたにあった手術方法を分かり易く丁寧に説明します。

屋内, 人, ベッド, 女性 が含まれている画像

            自動的に生成された説明

STEP04

施術

お悩みをお伺いし、適切な薬剤を塗布します。

白いバックグラウンドの前に座っている女性

            低い精度で自動的に生成された説明

STEP05

アフターケア

手術後しばらくして不安を感じた方にも、きめ細かくアフターケアをいたします。術後のアフターケアは無料です。何でもお気軽にご相談下さい。

Q &A ケミカルピーリングに関してよくある質問

ケミカルピーリングの施術時間はどのくらいですか?

施術時間は15分程度となっています。

ケミカルピーリングでニキビが悪化したような気がするのですが大丈夫でしょうか?

個人差はありますがケミカルピーリング後、ヒリヒリ感や赤みが出たり肌が乾燥しやすくなったりします。ニキビもピーリングをすることにより、赤みが露わになり悪化したように感じるかもしれませんが徐々に赤みは引きますのでご安心ください。

ケミカルピーリングで肌が薄くなることはありますか?

角質層のみをはがしやすくするので肌が薄くなることはありません。正しい頻度・回数を守って施術することで正常な肌のターンオーバー(入れ替え)を取り戻せます。

ケミカルピーリングの適切な頻度・回数はどのくらいですか?

ケミカルピーリングは即効性があるものではないため、お客さまの肌の症状を見ながら治療を行うことになります。そのため、2週間以上の間隔をあけたうえで複数回行うことが多く、具体的な回数を明言することはできません。たとえば、ニキビ跡はケミカルピーリングだけでは効果を得づらい場合もあるため、ほかの治療法を併用したり、内服薬の処方をしたりといった治療を行うので時間がかかるケースもあります。

RISK ケミカルピーリングによるリスク

薬剤により発赤、熱感、痒み、ピリピリ感、乾燥を生じる可能性があります。

治療が受けられない方

アスピリンアレルギーのある方はお受けいただけません。

持病、既往歴、アレルギー、内服薬・外用薬、妊娠・出産、その他お客様のお肌の状況によっては医師の判断により施術をお断りすることがございます。詳細はクリニックまでお問合せください。

ABOUT ケミカルピーリングの詳細情報

カウンセリング
当日の治療

可能です。

治療時間

薬剤塗布時間約5分

麻酔

使用しません。

痛み・ハレ

ほとんどありません。

かゆみ

処置後はわずかなかゆみやピリピリした感じがありますが心配ありません。気になる場合は冷たいタオルか、タオルで包んだアイスノンで冷やしてください。

メイク・洗顔

当日より可能です。

シャワー・洗髪・入浴

当日より可能ですが、治療部位は1~2週間はこすらないようにしてください。

その他

処置後は日焼けしやすくなってしまうので、1~2週間は外出時は日焼け止め(UVカット)を使用するように心がけてください。

禁忌事項

アスピリンアレルギーのある方はお受けいただけません。持病、既往歴、アレルギー、内服薬・外用薬、妊娠・出産、その他お客さまのお肌の状況によっては医師の判断により施術をお断りすることがございます。詳細はクリニックまでお問合せください。

ページのトップへ